愛鳥週間 炭坑のカナリア



先に次回予告
元5pcメイプラーのリアル髪型変遷(10代半ば~20代半ば)





前記事のReebokの靴、Reebokのお店に行ってみたらあった。
冬に行った時は無かったのに。去年の夏のものなのに入荷してるのね。

とりあえず27-28まで用意してもらった。
どれも足が入らなかった。ウィメンズ・・・小さすぎる。入り口が小さい。小さいよ。入らないよ。






はて5月10日から始まるものがありまして
一般人に聞いても、ゴールデンウィークのあとは何もないでしょ?となるものなのですが
一部マニアからも別に大して熱狂的になるわけでもないのでして
もったいぶらずに言うと、日本では毎年5月10日から1週間は、愛鳥週間なるものがあるのですね


アメリカでは1894年にペンシルベニア州でバードデーなるものが出来ました。
さすがペンシルベニアですね。僕が愛する街、ピッツバーグがあるだけあります。

ペンシルベニアのシルベニアは、シルバニアファミリーのシルバニアと同じ意味で、ラテン語の森という意味です。
鳥にはもってこいですね。ペンさんが頑張ったシルベニアって意味でペン・シルベニアです。

あとどうでもいいけれど
ペンシルベニア州の州は確かStateじゃないんだよな。なんだったっけな。忘れたからいいや







この記事書き出したとき10日だったんだけど、下書きのまま放ったらかしでした。
とりあえず僕が表すことのできる鳥への愛鳥表現というものであれば、鳥をテーマにした音楽でしょうか



とはいえ鳥をテーマにしたものといえば二極化されておりまして
一つは自由に羽ばたく。パノラマを無限に、凄いポジティブなもの
一つは鳥篭に閉じ込められている不自由極まりない酷くネガティブなもの



まあ、まあ。僕の音楽性の趣味から言うと、ポジティブかネガティブかで言うと
どちらを選ぶかと言うのは、おともだちの皆様なら即答されるでしょう。





まず鳥をテーマにした曲を作るバンドで、外せないものといえば東京で活動をしている"YellowStuds"でしょう
確かこーさんも絶賛した(ような気がした)このバンド、鳥鳥鳥なのです。バンドのマークも鳥です

D8nREh0y.jpg

スーツを着ている(ことが多い)おじさま達が奏でる
ガレージロックのようでジャズのようで、心地よいピアノの音もあり
しゃがれた声にとても合う、胃に重く圧し掛かる歌詞が特徴的なこのバンドですが
残念ながら各鳥も、中々にネガティブな雰囲気で醸し出されております。



テーマにされた鳥(に関するもの)を挙げてみると
曲を聴いたらテーマとは違う感じのもあるんだけど気にしない。

カナリア カラス ツル
ヒバリ キスバード カザミドリ バード(曲名) PIPI さえずり・・・後なにかあったっけなぁ。

他にも色々な生物をテーマにしているのですけどね。鳥類が多い多い
とりあえず何曲か置いておこう。ライブでもこの格好良さだもん。最高だわ
来週かな?アルバム出るから買わないと。



バックミュージックはテネシーワルツで
誰も居ない部屋で独り踊ってた
カナリヤの古いラジオ ついに壊れちまった
一緒に歌おうぜ Mrs.カナリヤ

この歌詞聴いたら、鳥のカナリヤじゃなくて、あっちのカナリヤだけどな・・・











大阪のバンドもいきましょう
バンド名は"オオハシ" もうこの時点で鳥です。
YellowStudsとは違って非常に柔らかい音楽のバンドです
そして別に曲に鳥がいるわけじゃありませんが、バンド名が鳥なので、まあ、そういうことで。はい。



とりあえず神戸どうぶつ王国にいるオオハシの画像をどうぞ(拾い物をえらそうに)


b0063958_22283076.jpg

とりあえず南米っぽいジャングルの雰囲気出したくね?って時に描かれる鳥でしょうオオハシ
因みに少しサイズが小さくなるとチュウハシです。サギに通ずる名前の適当感、好きです




神戸どうぶつ王国は中々に良い所でね
兵庫県の中心街、三宮や中華街(元町)辺りからすぐいける
世界トップクラスのスーパーコンピューターから拝借した駅名(京コンピューター前)方面に向かうと着く


僕もこのオオハシに餌をあげてたんだけど
観光客のアメリカ人(カバンに国旗刺してた)に凄い連射で撮影されてさ
多分、海外の掲示板やら、Facebookでは、肩にオオハシを乗せた僕の写真が出回ってると思う


まあなんといっても神戸どうぶつ王国はカピバラ触り放題だからな
至近距離(柵やガラス無し)でハシビロコウも見られるし。広くはないけど良い環境です


ここまで音源の存在を忘れてたから2曲だけポイっと




△に並んでの説明文に、登場する生物達がこう書かれています

主演:ハシビロコウ

出演鳥(動物):マガモ、オウギバト、ケープペンギン、モモイロペリカン、ショウジョウトキ
シロトキ、ベルガンワシミミズク、鯉、メンフクロウ、クジャクバト、オニオオハシ、ハクトウワシ
アルパカ、ヒムネオオハシ、ホオジロカンムリヅル、アルダブラゾウガメ
クロエリセイタカシギ、ヘビクイワシ、アフリカワシミミズク、アカカンガルー、カピバラ、フレミッシュジャイアント

ロケ地:神戸どうぶつ王国(旧神戸花鳥園)









動物をテーマにしたバンドとして外せないのが"tacica"です
うちのオカンがBUMPとRADとtacicaの区別がつかなかったのですが
久々に実家に帰ったら区別できるようになっていました。やったねオカン

とはいえ僕がtacicaを聴いていたのは1stフルアルバム、2ndフルアルバムが出たぐらいだから
2008年、2009年頃だよ。10年近くかかってるよオカン

tacicaのVoはチャットモンチーのVo橋本ちゃんの旦那です。
tacicaを紹介する上で、説明できることは少ないのでこれを大体言っちゃいます。


本当に動物をテーマにした曲が多くって
僕が持っている3枚のアルバムを見てみても

1stミニアルバム Human Orchestra

1. HERO
2. クローバー
3. アシュレー
4. オオカミと月と深い霧
5. 熱帯夜

1/5 生物




1stフルアルバム Parallel park

1. ヌーの休日
2. ゼンマイ
3. 人間1/2
4. HERO
5. 黄色いカラス
6. サカナヒコウ
7. ウソツキズナミダ
8. バク
9. Silent Flog
10. アースコード

6/10 生物




2ndフルアルバム Jacaranda

1. 20日鼠とエンドロール
2. 鼈甲の手
3. アトリエ
4. 人鳥哀歌
5. タイル
6. 某鬣犬
7. ジャッカロープ
8. 蜜蜂の毛布
9. Galapagos
10. メトロ
11. γ

6/11 生物

と非常に多くの割合で出てきます
その中から今回の曲は人鳥哀歌(ペンギンエレジー)とジャッカロープを



個人的にペンギンを漢字表記するときは人鳥よりも企鵝が好きなんですけど
この曲は人か鳥かといった、その辺の、あーだこーだの曲なので人鳥のほうが相応しいなあと思いました(適当)

もう一曲はジャッカロープ
公式音源だから36秒だけど、十分に魅力的な曲だと思います



数cmの穴の痕
大人の様に弓が刺さっても 痛くない朝が来る
幾ら器用に空を燃やしても 治らない 薬はない


ジャッカロープはアメリカのワイオミング州に住むといわれている未確認生物です
よくゲームに出てくる角の生えたウサギですね。ほら、ドラクエとかにもいたでしょ。変なやつ



あれ?鳥じゃないじゃん
いいじゃない。ウサギだって羽って数えるんだから。
じゃあ、ウサギの歌もいこう!!







僕の敬愛するCOCK ROACHの数少ない生物をテーマにした曲"兎"でございます
やっぱりベースが格好良いし、仁平さんの声、ずっと同じぐらいで歌う音程もね、世界観に合うんだよなぁ・・・

この歌はですね・・・ ええと、なんといっていいのやら。




月が衛星だって?バカらしい
本当は夜空は真黒なんだよ。太陽の光を反射するなんて、真っ平な嘘さ
あれは空にポッカリと開いた穴だ。向こうの世界の光が漏れているだけだ。

そんな穴から、鎌を持ったウサギが人の首を刈りにくる歌です。よく分かったでしょう?



ほら、ちょっと歌詞を見るとより分かる。反転で歌詞

↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

暮れた陽だった。ムセ狂う気体に ユレル地平層......
砂と太陽の間に張られた 熱と光のセロハンに
よくある景色だ。よく似た景色だ。体、今ここにあるのに
仰向けになってじっと夜を待つ 咲いたり枯れたりもせずに

熟れた陽を浴びて石の花は
争い多きこの星の濁った空気を 怨色に染めるという.....

そういう星にて。目隠しされて塗れたドクロ岩....
喰われた羽で哀れに泳ぐ 黒蛾を握りつぶすように。
なぜ殺す。なぜ殺される。体、今ここにあるのに
まわる満月に見ていたものは 僕の首を狩る兎

月光に影のばし石の花は
命、失ったものの涙を怨色に染めるという.....

わずかな光の中
月の円から抜け出して
幾千、鳥のように空翔ける 兎

その赤い目でこの星の何を見る?
絶え間なく降りそそぎこの空を埋めていく.....


↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑

こんな歌を10代の男が持ってきて、ライブハウスで歌ったんだよなあ。兎より仁平さんが化け物だよ








2017-05-13 14:32 : 雑記 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

すとっぱ

Author:すとっぱ
メイプルストーリー くるみ鯖
ソロギルド 黒虫芸術で活動中
ゲーム、音楽、ファッション、食に関する記事をたらたらと

最新記事一覧

あたしが売る春 僕が奪う春 Jun 19, 2017
合理の最果 Jun 17, 2017
Zzyzx Jun 15, 2017
今夏買う予定服 Jun 10, 2017
昼には羊を 枕に仕立てて 夕焼けの空を目指す Jun 09, 2017

カテゴリ

検索フォーム

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
オンラインゲーム
645位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メイプルストーリー
39位
アクセスランキングを見る>>

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking